ニュースリリース

2014.12.02

Student Innovation College 2014 初参加! (Foot Techno entry Student Innovation College(STC) for the first time.)

Student Innovation College 2014 初参加!
(Foot Techno entry Student Innovation College(STC) for the first time.)

「キャンブレル」は全ての賞を獲得!(Cambrelle get all awards!)

「キャンブレル」は、世界NO.1の高機能シューズ用ライニング材で、日本では(株)フットテクノのみが取り扱っている特殊ナイロン不織布です。

「キャンブレル」は、呼吸する素材として軽量・通気・吸水即乾・耐摩耗性等、快適で耐久性をもつ新素材です。

世界の有名ブランド、アウトドアシューズ、ウォーキングシューズ、ランニングシューズ、その他のスポーツシューズ、軍隊靴等に広くライニング材として使われ累計15億足以上の記録的な実績をもっています。

この度、株式会社フットテクノは、この卓越した素材「キャンブレル」をシューズ以外の新しい用途に展開すべくSカレ」の題材として提供させていただきました。

Cambrelle, high functional shoe linings are most widely used around world, is special Nylon

nonwoven and its distributor is only Foot Techno Inc. in Japan. 

Cambrelle, called respire material, is excellent in lightweight, breath, moisture absorption,

quick drying, abrasion resistance and durability.

The linings are used for famous shoe brand, outdoor shoes, walking shoes, running shoes,

also military shoes and the total sales record is over 15 billion pair.    

This time, Foot Techno offered Cambrelle to “Student Innovation College” to expand the using

way over shoe parts.

Sカレは、実際に商品化を目指す、29大学横断の商品企画プロジェクトです。Student Innovation College"Sカレ"は、教室でマーケティングを学ぶ学生たちが、「ビジネス・モノづくり・発想力」をリアルな現場で学び、 未来のマーケターの育成にあります。

大学は違えども志を同じくする学生が、仲間同士で協力しあい、互いに切磋琢磨しながら、クライアント企業から提案する材料を題材に商品企画プロセスとそのマネジメントを実際に体験します。

学生が、実際のユーザーと対話しながら、商品企画を進めるという実践的なマーケティングを学ぶ機会は、世界広しといえどもここしかありません。また、企画の渦中において、ライバルチームの成果を見ながらリアルタイムに競争するという場も、他に例を見ません。 参加する学生にとっては、マーケティング実践を学ぶ絶好の機会の場です。

弊社は今回で9回目を迎えた「Sカレ 2014 冬カン」に初参加し、日本で当社のみが取り扱うCambrelle/キャンブレル」を題材として提供を行い初参加しました。

STC is product planning project over 29 universities whose students study marketing

in the class.

The aim is giving the students opportunity to glow their business sense, creativity, and feeling

actual research and development.

They experience product planning and the management with client company materials and

improve themselves thorough friendly rivalry.

There is few learning chance for students to listen actual user opinion and reflect it on the

planning. Also we don’t think there is other contest during the term they can watch other team

result and compete timely. For the attending students, it would be great opportunity.

Foot Techno participated in 9th STC for the first time offering Cambrelle as only distributor in

Japan.

12大学のゼミの皆様がキャンブレルを題材に選んでいただき、628日の開会式からゼミの皆様が創意工夫された企画商品を11月29日の閉会式の会場で、商品企画からマネージメントまでを短時間で発表を行います。その他の参加企業の題材を取り上げた大学ゼミと決勝戦を行いました結果、なんと弊社のキャンブレルが全ての賞を獲得しました!キャンブレルをテーマに商品企画した青山学院大学 小野ゼミがグランプリにあたる「プラン賞」優勝を獲得しました。この他の特別賞「学生賞」「毎日新聞賞」「博報堂賞」「ServeyMonkey賞」「日本マーケティング大賞」を獲得しました。本当に凄い!小野ゼミは昼寝したい社会人向けに折りたためるクッション「Guardを提案し、新しい市場分野に向けた製品提案とマーケティングから商品設計までを行い、素晴らしいプレゼンテーションを行ってくれました。

Total 12 universities selected Cambrelle for their product planning material and completed the

work from opening ceremony on 28th July to 29th November.

They competed with other university teams which selected other materials for their product

planning, in the result, Ono seminar, they selected Cambrelle for the marketing material, got

almost awards included the Grand prize. Ono seminar got “ Students awards” “Mainichi News

Paper awards” “Hakuhodo awards” “Servey Monkey awards” and “Japan Marketing awards”.

They proposed a foldable cushion named “Guard” which was invented for business person who

wants to take an afternoon nap and showed us a great

presentation.

また、唯一獲得を逃した賞「プラグ賞」もキャンブレルをテーマにバスマット「Cambathを提案した大阪市立大学 加藤ゼミが獲得しました。Cambathはキャンブレルの吸水性を生かしたバスマットなのですが、湿気を含むと文字が浮き上がるというギミック性を取り入れた発想の素晴らしい商品企画でした。

In addition above award, Kato seminar, they also use Cambrelle for the contest, got

“Plug award” which was only missed award by Ono seminar. It means that Cambrell occupied

all award. Kato seminar used Cambrell for bathmat named “Cambath” which uses the high

moisture absorption.

Cambath has unique gimmick that after it got moisture, letters come up on the face.

参加大学・教員 29大学33ゼミ 125チーム

青山学院大学(小野譲司ゼミ) / 大阪市立大学(加藤司ゼミ) / 大阪市立大学(小林哲ゼミ) / 学習院大学(上田隆穂ゼミ) / 関西大学(岸谷和広ゼミ) / 関西学院大学(石淵順也ゼミ) / 近畿大学(廣田章光ゼミ) / 神戸大学(栗木契ゼミ) / 四天王寺大学(天野了一ゼミ) / 上智大学(小阪玄次郎ゼミ) / 高崎経済大学(佐藤敏久ゼミ) / 中京大学(坂田隆文ゼミ) / 中京大学(宮内美穂ゼミ) / 東京理科大学(大驛潤ゼミ) / 同志社大学(冨田健司ゼミ) / 東北大学(澁谷覚ゼミ) / 獨協大学(陰山孔貴ゼミ) / 中村学園大学(明神実枝ゼミ) / 名古屋市立大学(山本奈央ゼミ) / 南山大学(川北眞紀子ゼミ) / 日本大学(横山斉理ゼミ) / 阪南大学(水野学ゼミ) / 一橋大学(松井剛ゼミ) / 兵庫県立大学(秋山秀一ゼミ) / 福島大学(中村陽人ゼミ) / 法政大学(杉浦未樹ゼミ) / 法政大学(西川英彦ゼミ) / 武蔵大学(黒岩健一郎ゼミ) / 明治大学(竹村正明ゼミ) / 山口大学(藤田健ゼミ) / 流通科学大学(東 利一ゼミ) / 流通科学大学(清水信年ゼミ) / 和歌山大学(柳到亨ゼミ) 50音順 )

Attend University:  29 University/ 33 Seminar / 125 teams.

Aoyama Gakuin University (Ono seminar) / Osaka City University (Kato seminar) / Osaka City

University (Kobayashi seminar) / Gakushin University (Ueda seminar) / Kansai University

(Kishitani seminar) / Kwansei Gakuin University (Ishibuchi seminar) / Kindai University

(Hirota seminar) Kobe University (Kuriki seminar) / Shitennoji University (Amano seminar)

Sophia University (Kosaka seminar) / Takasaki City University of Economics (Sato seminar) /

Chukyo University (Sakata seminar) / Chukyo University (Miyauchi seminar) / Tokyo

University of Science (Ooeki seminar) / Doshisha University (Tomita University) / Tohoku

University (Shibuya seminar) / Dokkyo University (Kageyama seminar) / Nakamura

University (Myoujin seminar) / Nagoya City University (Yamamoto seminar) / Nanzan

University (Kawakita seminar) / Nihon University (Yokoyama seminar) / Hannan University

(Mizuno seminar) / Hitotsubashi University (Matsui seminar) / University of Hyogo (Akiyama

seminar) / Fukushima University (Nakamura seminar) / Hosei University (Sugiura seminar) /

Hosei University (Nishikawa seminar) / Musashi University (Kuroiwa seminar) / Meiji

University (Takemura seminar) / Yamaguchi University (Fujita seminar) / University of

Marketing and Distribution Science (Azuma seminar)/ University of Marketing and

Distribution Science (Shimizu seminar) / Wakayama University (Yanagi seminar)         

会社案内(Address)

株式会社フットテクノ
〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通4丁目5番9号

  • TEL:078-351-1116(代)
  • FAX:078-351-1090
  • MAIL:info@foottechno.co.jp

FOOT TECHNO INC.

  • 4-5-9 KAIGAN DORI, CHUO-KU, KOBE, HYOGO,650-0024 JAPAN
  • TEL:+81-78-351-1136
  • FAX:+81-78-351-1156
  • MAL:info@foottechno.co.jp